'."\n" ?> 定年退職
退職の第一歩 >> 退職の方式と概要 >> 定年退職

定年退職

定年退職イメージ

定年退職前に考えておきたいことというと収入あるいは資産のことです。定年退職後も再就職や再雇用などで、仕事を続けるかどうか、収入あるいは資産によって判断がわかれます。定年退職後は年金その他の収入で悠々自適に暮らせる計画があれば、定年退職後に就く仕事についても、収入やお金を第一に考えるのではなく、自分が本当にやりたいことや、地域に貢献したいといった気持ちや、あるいは、現金などの収入は発生しないかもしれないけど、ライフワーク的なことなども考える余地ができるというものです。定年退職したとき、自分はどんな風に感じるのだろう定年退職まで無事勤め上げることができたのも、妻や家族の支えがあったからこそ感謝の気持ちを感じるのでしょうか。

定年退職という人生の中でもひとつの大きな区切りであるわけで、その区切りの前後に、自分がどう感じるのか、定年退職後は思いっきり遊びたい定年退職後は思いっきり遊びたいものです。遊ぶといっても、まあ、やりたいことをやりたいときに、やりたいだけする、住みたいところに住み会いたい人に会いに行く、日本中を妻と二人で旅をする、なかなか時間がとれなくて取り掛かることもできなかったギターの練習をコツコツと始めてみる、定年退職後は、収入は必要最低限でよいが、それよりも自分の感性を取り戻して健康で充実した時間を過ごしたいものです。

定年退職を迎えるのは誰も宿命としてもっている瞬間です。例え自営業だとしてもそんな時は来るものですが、定年制を考える場合はサラリーマンや公務員を想定すべきでしょう。民間企業の場合はこれまで定年延長してきましたが、最近では60歳が定年の年齢としては一般的になっています。もっともこの年齢も少しずつ見直されていて、これからは65歳くらいまでを見据えている企業が多いと多いと思います。公務員の場合の定年制は少々違って、地方の場合は60歳までが普通ですが、国家公務員の場合は、部署やキャリアによっては50歳くらいから定年に該当し関連団体に天下っていくようです。

本来の定年制は能力や体力を考慮したり、セカンドライフを楽しむ意味から設定されていましたが、今の時代は生き方が多様化したり平均寿命が延びていることからも、従来の定年制を見直そうという動きが出ています。定年退職後をノンビリと暮らしたいという人から、定年後も働きたいという人、そこからが第二の自分の人生だと思っている人まで様々な考えの人がいます。ですから企業も定年延長制度を新設したり、再雇用制度を作ったりしながら、人材確保の一環として定年を迎えた人の労働力を活用しようとしています。定年制度により本来は去ってしまう人の技術・技能を、そのまま活用して人材育成の一旦を担う戦略を立てている企業は多いです。

退職の第一歩は、退職に関する情報サイトです。

退職の第一歩Pick Up!:失業給付をもらおう

雇用保険からの失業等給付の基本手当は、過去に雇用保険の一般被保険者であり、一定の要件を満たした人が所・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

退職の第一歩へようこそ!退職の第一歩管理者まことです。

管理人紹介

退職する際のガイドとしてご利用ください。