'."\n" ?> 退職までの流れ
退職の第一歩 >> 退職の方式と概要 >> 退職までの流れ

退職までの流れ

退職までの流れイメージ

退職の意思表示をするに当たっては、自らの意志が固まっているかをあらためて確認しておきたい。 意志が固まっていなければ、強い引き留めにあったときに気持ちが揺らぐものです。結果的に残ることになった場合も、一度退職の話を切り出したことで気まずい状況になることは否めないし、その後の昇進・昇格に影響する可能性もあります。 退職を切り出す前に今後のキャリアプランや実現したい将来のライフプランなどを長期的な視点からもう一度見直し、不平不満などの一時的な感情に流されていないことを確認しておきましょう。

いきなり辞表(退職願い)を提出してはいけません。突然、会社を辞めると言っても上司を混乱させるだけです。辞表(退職願い)を提出するのは、退職話がまとまった後です。ドラマのように辞表を突きつけるのはNGです。上司に退職の意思を伝えるときは周りに同僚がいないときにしましょう。同僚に伝えるのは、会社を辞めるのが本決まりになった後です。バカな同僚が「○○○さん、辞めるんだって」みたいな噂を流せば、職場に余計な混乱を生みます。同僚には黙っているほうが無難です。

会社都合退職の場合、どうしても会社が人材整理を行わなければならなくなった時に起こるものなので、被雇用者の自由にならないという大前提が存在しています。そのため、場合によっては会社都合で退職して、求人が少ない時期に求職活動を行わなければならなくなることもあります。ただ、会社都合退職の場合は雇用保険からの失業給付金が、自己都合退職の人よりも早く貰えるなどのメリットもあります。

自己都合退職も、会社都合退職も同じ退職に分類されていますが実際はその性質に大きな違いがあります。会社都合退職は、退職といわれているものの解雇の種類として扱われているのです。そのため、会社都合退職のほうが退職後の給付金などで優遇されているのです。また、行政的には勧奨退職や長時間の残業や休日出勤などが原因による退職も会社都合退職として認定されます。ただ、会社都合退職が発生する可能性は低いので、退職を考える場合はタイムカードや就業日誌などをコピーしておくのも一つの手であるといえます。

退職の第一歩は、退職に関する情報サイトです。

退職の第一歩Pick Up!:退職までの流れ

退職の意思表示をするに当たっては、自らの意志が固まっているかをあらためて確認しておきたい。 意志が固・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

退職の第一歩へようこそ!退職の第一歩管理者まことです。

管理人紹介

退職する際のガイドとしてご利用ください。