'."\n" ?> 転職・再就職の準備
退職の第一歩 >> 退職の方式と概要 >> 転職・再就職の準備

転職・再就職の準備

転職・再就職の準備イメージ

転職を選ぶにあたって、事前の周到な準備が必要になってきます。準備を整えることにより限りある企業の採用期間中にチャンスを逃すことのないようにしたいものです。スーツ等の衣服も場合によっては新調する必要がありますし、交通費や引越し資金などはかなりの出費になります。転職活動中は働くのも難しいでしょうから、収入はなく出費だけがかさんでいく期間が3~5ヶ月ほど続きます。状況にもよりますが、大体50円万程、Uターン転職や遠方の企業を視野にいれる場合は余裕をもって100万円くらいは必要になってくるでしょう。また、なんといっても必要になってくるのは求人情報の確保です。インターネットの情報も含めれば、転職対象者だけでも膨大な求人情報網が存在します。

転職者が本格的に始動し始める時期までには求人誌はこれ、転職サイトはこれ、という具合にある程度情報網は絞り込んでおき登録なども済ませておくのがよいでしょう。なにより無駄のない効率的な行動とスピードが肝心です。自分が今の会社で不満だったものはなにか、どんな会社に勤めてどんな仕事をしたいのか、待遇面で許容できる範囲はどのくらいまでか、自宅との距離はという具合に、自分の考えや希望をノートなどにまとめておき、条件に合いそうな企業を絞り込んでいきます。前準備をせずに、膨大な情報を行き当たりばったりでやみくもに探すような行為はだめです。それでは本当に満足できる転職をすのは難しいでしょう。

学生さんが初めて就職活動をするときは勿論のこと、リストラや倒産、早期退職、その他様々な理由で転職活動をすることになった場合でも、しっかりと自己分析をする事がとても大切です。 仮に、倒産や、リストラされた場合でも、新しい可能性を試せるチャンスと思って頑張りましょう。どんな状況であれ、働いていかなければなりませんので退職理由がたとえ職場への不満、職場の人間関係、給与の低さでも、それをそのまま次の就職活動や転職活動での面接で言ってはいけません。応募先の企業にとって、入社して欲しいのは自社にとって貢献できる人材かどうかです。しっかりとした退職理由を考えて面接に臨むようにしましょう。そのためには、やはり自己分析が欠かせません。

異業種転職をすると、それまで積み重ねてきた経験やスキル全てが生かされないわけではないですが、年齢を経ている分だけ、評価としてはマイナスされる現実は忘れてはいけません。どうしても異業種の職業へと転職したい場合は、本格的な求職活動や転職活動に入る前にアルバイトや資格取得などをしておくと良いかもしれません。それに加えて、新卒者にしても、再就職、転職にしても求められるのは熱意とやる気です。どんなにスキルを持っていても、実績を持っていても、企業に入って活躍するという熱意が伝われなければ、内定をもらうことは難しいかも知れません。魅力ある人材、必要な人材と思ってもらうためには、やはり自己分析から始まり企業研究、そしてそれに合わせて熱意のこもった志望動機が必要です。

退職の第一歩は、退職に関する情報サイトです。

退職の第一歩Pick Up!:退職までの流れ

退職の意思表示をするに当たっては、自らの意志が固まっているかをあらためて確認しておきたい。 意志が固・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

退職の第一歩へようこそ!退職の第一歩管理者まことです。

管理人紹介

退職する際のガイドとしてご利用ください。