'."\n" ?> 会社都合退職
退職の第一歩 >> 退職の方式と概要 >> 会社都合退職

会社都合退職

会社都合退職イメージ

会社都合退職とは解雇以上に、辞める自分に金銭的な優遇と会社を辞めてしまったために起こるものへの対処も必要になってきます。つまり、補償が多く得られると言うのが違いです。また、会社都合退職の場合は「退職」と言う言葉の通り辞める自分も会社を辞めることに納得していなければいけません。これを怠ると、労働基準法に違反と言う形になり刑事告発などに発展しかねません。解雇雇とは、会社で働いている自分の勤務態度などが悪く会社の信頼や人間関係の悪影響を及ぼしたなどの理由で自分に非があるために会社から解雇を言い渡されることです。

社都合退職で会社を去る人は、絶対に辞表(退職願い)を書かないでください。辞表(退職願い)を書いてしまいますと、自己都合退職での退社という扱いになる場合があり、失業保険の給付が遅れる場合があります。会社都合退職のときは、絶対に退職願いを書いてはいけません。「一身上の都合で」などと書けば終わりです。一身上(あなた)の都合で退社した、という扱いになります。あなたが違うと主張しても、退職願い(文書)には、あなたの筆跡で、「一身上の都合で退社します」という文書が残っているので撤回は難しくなります。会社都合退社であれば、すぐに失業保険が給付されます。会社都合退社で、会社を去る人は必ず覚えておきましょう。会社都合退社の場合は絶対に辞表(退職願い)は書いてはいけません。

一度提出した辞表でも、撤回することは一応可能です。ただし、法律的には一応可能、という話であまりいいものではありません。辞表(退職願い)は、出したら即退職ではなく、受理されるまで若干時間がかかる場合があります。その受理される期間内であれば、撤回は可能ということになっています。しかし、原則として、一度提出した辞表(退職願)は、撤回不可能なものと考えたほうがいいでしょう。仮に辞表の撤回が認められても、ものすごく気まずい思いをすることは確実です。職場にいる同僚とは、毎日顔を合わせるわけですしメンバー交代も難しいものです。そんな中で仕事をしていくわけですから、辞表を提出することきは慎重に行動しましょう。

退職理由は失業保険の重要な要素となっています。自己都合では12ヶ月加入していないと失業手当を受給できないのに対して、会社都合なら6ヶ月加入で受給可能です。さらに、自己都合で退職するとハローワークで手続きしても3ヶ月の給付制限を課せられる(支給開始は4ヵ月後)のに、会社都合なら翌月から支給されるうえ、所定給付日数でも、自己都合よりも優遇されているのですから、退職理由によって支給条件は天と地ほどの違ってくるのです。

退職の第一歩は、退職に関する情報サイトです。

退職の第一歩Pick Up!:早期優遇退職

早期優遇退職は、会社都合退職の一形態で「勧奨退職を実行する前に先に退職を申し出た場合は退職金を加増す・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

退職の第一歩へようこそ!退職の第一歩管理者まことです。

管理人紹介

退職する際のガイドとしてご利用ください。