'."\n" ?> 退職・転職活動の流れ
退職の第一歩 >> 退職への道 >> 退職・転職活動の流れ

退職・転職活動の流れ

退職・転職活動の流れイメージ

転職するにあたって、求人を探す前に準備しておかなければならないのは、自分自身のスキルチェックではないでしょうか。その時に大切なのは、自分の目線ではなく、自分の転職希望先の企業の目線に立ってチェックを行うことです。今までの会社で何をしてきたかだけでなく、仕事で得られたこと、身につけたものをはどんなことで、志望先の会社でどう生かせるかを考えることが重要になってきます。つまり、転職先での面接の際の具体的なアピールポイントを探すことです。短い面接時間の中でいかに自分を知ってもらうか、仕事に対する姿勢、会社に対する貢献度をしっかり判断してもらうかが大切になってきます。もし、具体的な実績や資格がなかったとしても、深く自己分析すれば必ずアピールポイントは見つけられるはずです。

転職理由が明確になり、転職情報誌や転職情報サイトなどで、働いてみたい会社が固まってきたら、次にやるべきことはキャリアの棚卸です。当然のことだが、転職を成功させるためには希望する企業に対して自分をアピールする必要があります。その材料となるのが、いままで自分はどのような仕事をやり遂げ、それを通じてどのようなスキルを身に付けてきたのかということです。 どんな仕事をしてきたかという職務経歴、習得した職能・技能、業界知識、取得資格、特技、趣味、興味のあることなどが項目として上げられます。最近は転職情報サイトなどでも、チャートに上げられている項目を全て埋めると、いままでのキャリアパスが整理されるというようなサービスもあります。

また、人材斡旋会社も強力な助っ人。専門のコンサルタントが丁寧に話を聞いて、あなたのキャリアを棚卸してくれるはずです。 「でも、自分のキャリアを話すのって、なんだか自慢話みたいで…」と思っている人がいるとしたら大きな間違いです。企業は新しい人材を求める際、判断材料を少しでも多く集めたいと考えています。その人の過去の働き振りを示すキャリアは、ものすごく欲しい情報です。 ちなみに、せっかくキャリアの棚卸をするのだから、その内容は職務経歴書としてまとめておくことをお勧めします。文章にすることで内容が整理できるし、企業側に自分のキャリアを説明する際も、職務経歴書に沿って話せば明確で分かりやすくなります。

転職活動を効率的に行なうためには、人材紹介会社を活用することは今や不可欠といえるでしょう。人材紹介会社は、転職者の提示する条件に合う企業を見つけ、転職者と企業の橋渡し役になってくれることはもちろん、人材紹介会社に登録しておくことによって転職サイトや情報誌・求人広告など、一般的な情報提供の場では公開されない非公開の求人情報が提供されます。ただし、人材紹介会社は転職活動では頼りになる存在ですが、人材紹介会社の持つ情報やコンサルタントと転職者の相性が合わなければ、トラブルを引き起こすことになります。基本的に人材紹介会社でもその会社によって得意の業界、得意の分野というものがあり、転職者が希望する業界と人材紹介会社が得意とする業界があっていないと、いい条件の転職先を探すことが難しくなってしまいます。

退職の第一歩は、退職に関する情報サイトです。

退職の第一歩Pick Up!:転職・再就職の準備

転職を選ぶにあたって、事前の周到な準備が必要になってきます。準備を整えることにより限りある企業の採用・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

退職の第一歩へようこそ!退職の第一歩管理者まことです。

管理人紹介

退職する際のガイドとしてご利用ください。