転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ!

転職歴10回のオレが教える!使える【転職サイト】を教えよう。結局使える転職のサイトは、ほぼこの3つで決まる。そんなサイトランキングTOP3だ!

当サイト管理人が転職をするときに”必須”としておすすめしているのが「転職サイト」の利用です。

以前まで転職というとハローワークを使うことが多かったのですが、最近では民間サービスを使うことが主流となりつつあります。

ただ、転職サイトは現在数えきれないほど存在するのも事実で、どのサイトを使うかによっても転職の成功・失敗が変わってきます。

昔はただ短い募集要項などが記されているだけでしたが、現在では各サイトがそれぞれの強みを持っていて、転職者への細かな就職サポート・システムが提供されています。

このページでは、現在転職を考えている人が転職サイトを利用することのメリットや、人気と実績のある転職サイトを3つ紹介し、その詳細を解説しています。

自分に合った企業選びができるよう、参考にしてください。

転職サイトに今!登録する理由!

「転職」を考えている人は、大学・高校などからの新卒者の求職とはかなり意味合いが違ってきます。

転職を考えている時点ですでに会社に属していますし、すでに社会人として生活しているので、経済的な問題も加わることで職を変えることが難しくなります。

新卒で就職活動をするよりも、転職の方がはるかに障害が多いとも言えるのです。

また、新卒の場合には学校や企業側からさまざまなサポートを受けて就職活動ができますが、転職の場合は基本的には一人でしなくてはなりません。

できるだけ早く転職市場の動向を知り、自分がそこでどういった就職活動ができるかを熟知しなければ以前よりも待遇の悪い企業に入社してしまうなどの失敗もあり得ます。

少しでも現状の会社に満足できなかったり、将来の新しいライフ・プランが思いつけば、「今すぐにでも転職サイトに登録」しておくことをおすすめします。

すぐに転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方がいい理由

今すぐ勤め先を変えるつもりはなくても、少しでも将来について考えるならば、今すぐにでも転職サイトに登録だけしておきましょう。

それは現状で会社で働きながら、何もせずに他の企業の情報を得ることは難しいことが一つの理由です。
たとえば・・・

  • 今持っている資格やスキルがその業界でどれだけ価値があるか?
  • 今持っている経験やノウハウがその業界でどれだけ価値があるか?
  • どれだけの企業が人材を求めているか?
  • 現在の在籍している以外の会社の年収や職場環境はどんなものなのか?

などを知ると知らないとでは、将来設計も大きく違ってくるはずです。

たいていの人は現状の仕事で時間を取られ、自分が人材的にどれほどの価値があるかを知りません。

自分の市場での人材的価値を知るだけでも転職サイトに登録だけしておくことにメリットがあるのです。

転職サイトには、企業からのオファーメールやスカウトなどもあります。

頭では転職したほうがいいと思っても、今ひとつ踏み切れない人ならば、後押してくれるきっかけになることもあるでしょう。

ストレス・疲労が限界に達すると転職する気力すら失うことになる

これまで転職を10回も経験してきた管理人の経験から言うと、「ギリギリの転職ほど危険なものはない」ということです。

これから転職しようとする企業の情報はもちろん、その業界に対しての知識が不十分で求人に応募してしまうと、こちらの強みを伝えるのも中途半端になるので、強気の給与交渉などは不可能です。

あと、現状勤めている会社に何の不満もないなら、転職は考えないでしょう。

”転職”という言葉が頭をよぎる人は、必ず会社への不満・不安・ストレスなどを抱えているはずです。

本来ならば仕事をするときにこういったマイナス心理を持つ必要はありません。

これらのマイナス心理は徐々に大きくなり、だんだん心と体が疲労していくことになります。

管理人も以前我慢をして働いていたこともありましたが、疲労が蓄積してしまうとそのうち「限界」に達することもあります。

そうなると、転職をする気力すら無くなり、ただ惰性で今所属している会社で無駄な時間を消費するだけになるのです。

同年代、同じジャンルで働くライバルは、その間も実績を積み上げています。

数年経つと大きな差となり、ますます転職が難しくなってしまうということも自覚しておきましょう。

おすすめの転職サイト3選

現在の日本の就職事情は、人材不足でバランスが取れていない傾向があります。

いわゆる「買い手市場」のアンバランスさがあり、企業は人材の取り合いをしている状態なのです。

そのせいもあってか転職・求人サイトも数え切れないほどあり、転職を初めて考えている人ならば、どんなサイトを選んでいいか迷ってしまうはずです。

転職サイトを選ぶときには・・・

  1. 求人数
  2. サポート能力
  3. 掲載企業の質の高さ
  4. 運営会社の実績

などを十分に考慮することが必要です。

転職は、人生の大きな分岐点となることもあるので、信用できないサイトを選んでしまうと目も当てられない結果となるので注意してください。

以下に上記の条件を兼ね備えた人気のサイトを3選紹介しています。

自分の希望にマッチする転職サイトを探す材料として参考にしてください。

1:リクナビNEXT

転職する際に一番最初に押さえておきたいのが『リクナビNEXT』です。

あのリクルートが運営母体ですので、これ以上の信頼度はありません。

求人数や掲載企業の質でもトップクラスです。

リクナビNEXTの特徴

『リクナビNEXT』は、最近変則的なサービスを提供する転職サイトが多い中で、オーソドックスな求人サイトといった感じで使いやすいのがまず第一のメリットです。

転職サイト自体の使い方が難しいものもあるので、IT機器に不慣れな人はつらいところです。

リクナビNEXTなら、ネットサービスに不慣れな人でも問題なく使いこなすことができるでしょう。

サイト規模、提供されている求人数も他のサイトを圧倒するもので、国内の転職者の45%が登録しているシェアの大きさも安心材料です。

転職する際には、複数の転職サイトに登録をしておくほうがうまくいきます。

リクナビNEXTは各サイトの比較基準ともなりますので、登録は必須だといえるでしょう。

リクナビNEXTを使うメリット

リクナビNEXTは転職エージェントではなくふつうの転職サイトですが、求職者に対してのサポート機能も充実しています。

数多いリクナビNEXTのメリットを見てみましょう。

  1. 毎週3000件以上の新規募集が掲載される
  2. 大手有名企業からスタートアップのベンチャー企業まで提携している企業の幅が広い
  3. 企業からのスカウトメールが多い(1ヶ月で560万通超え)
  4. 転職に役立つサポートツールが豊富

4番目ののサポートツールには次のようなものがあります。

  • スカウトメール(プライベート・興味通知・オープン)が届く
  • 転職パーフェクトガイド(履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれる)
  • 転職Q&A機能(転職をするときに持つ疑問に解答してくれる)
  • グッドポイント診断(自己分析できる機能。応募の際に添付して企業に提出することもできる)

全体的には古くからある求人情報サイトといった感じですが、サポート面はかなり充実しています。

実は管理人もこれまでの転職経験で、一番最初に目を通してきたのもリクナビNEXTです。

現在と同業種・他業種への転職に関わらず利用価値はかなり高いといえます。

2:DODA

リクナビNEXTの次に押さえておきたいのが『DODA(デューダ)』です。

メディアでもコマーシャルが多い求人サイトなので、すでに知っている人も多いはずです。

知名度だけではなく、質の高い求人を数多く出しているところがおすすめの理由です。

転職成功率でいうと、求人サイト業界もトップクラスで、それも総合人災サービスのパーソナルキャリアが運営しているところにあります。

DODAの特徴

DODAの特徴で他のサイトと違うところは、「転職サイトと転職エージェントの両方の性質を合わせ持っている」ところです。

求職者の転職スタイルによっては転職サイトが良かったり、エージェントを使う方が合っていたりしますが、DODAならば一つのサイトで両方を使い分けたり併用することができます。

転職サイトの自由度と、転職エージェントのサービスの濃さという対局するメリットを選べるところが有能です。

またDODAは求人を出しいている企業の8割が非公開求人という驚くべき特性があります。

これは転職エージェントでは当たり前のことですが、転職サイトでは異色だと言えます。

一般的には公開求人よりも非公開求人のほうが待遇が良いことがふつうです。

提携企業と深く関係している運営会社ならではのメリットだと言えます。

DODAを使うメリット

リクルート系の求人サイトに引けを取らないDODAには、おすすめできるメリットが多数あります。

  1. 条件の良い求人が多数掲載されている
  2. 1ヶ月あたり1300万通を超えるスカウトメールが来るという実績がある(リクナビの約2倍)
  3. 大手人気企業の求人が多数ある
  4. 成約率が高い(転職成功率が高い)
  5. ケースによってはエージェント(コンサルタント)を利用できる

誰でも「この会社ならば何が何でも入社したい!」といった企業を持っているはずです。

DODAならば、登録をしてエージェントをつけずに自由に企業を探し、以前から望んでいたような企業が見つかったときに、エージェントをつけてもらって成功率を高めるといった使い方も可能です。

まだ転職のプランが明確でない人にも、DODAはおすすめできるサービスです。

3位:キャリコネ

最後に少し変則的なサービスを提供している転職サイト『キャリコネ』を紹介します。

キャリコネは、サイトないに現職やOBの口コミが掲載されていて、実際に社員になったときにどんな環境で働くことができるのかが事前にわかるという求人サイトです。

最近社会問題となっている”ブラック企業”も、求人や面接時からブラックではありません。

入ってみないと分からないのが就職の実態なのです。

とくに若い世代に人気が高く、それもやはり社風や職場環境を気にする若者が多くなっているということの表れでしょう。

この辺の情報を入手できるのは、数多くある転職サイトの中でもキャリコネくらいです。

キャリコネの特徴

現職社員・退職者・面接経験者などのクチコミ情報を知ることができる、現代的ともいえるサービスを提供するキャリコネですが、10年以上もこのスタイルでサイトを運営しているので、信頼度に問題はありません。

またSNSなどとは違い、ちゃんとサイト側が口コミの信頼性を精査してから配信しているので、その点でも安心です。

変則的なサービスですが、提携している企業も多く4000社を超えています。

そしてキャリコネはポータルサイトとしての性質もあるので、キャリコネ経由で他の転職サイトを同時登録することも可能です。

キャリコネを使うメリット

他の求人サイトとは際立って性質の違うキャリコネは、たくさんのメリットがあります。

  1. リアルな年収を知ることができる
  2. 企業の評判を内側から知ることができる
  3. 職場の人間関係の実態を知ることもできる
  4. 残業や休日出勤の実態など面接では知らせない内容まで知ることができる
  5. キャリコネから他の転職サイトにも同時登録ができる

これらの情報は転職する際に意外に重要なもので、入社してからしか分からない「職場の雰囲気」を事前に知ることで転職失敗を防ぐことにつながります。

転職するときに不安が大きく、なかなか前に進めない人はキャリコネに登録しておきましょう。

これらの転職サイトを登録する理由やメリット

転職は非常に精神力を消耗します。

在籍している会社への不満は過重労働などの問題とも戦わなくてはなりませんし、職場を替えるという大きな行動をするという煩わしさもあります。

決断はしていなくても、脳裏「転職」の二文字がよぎったら、確実に現状の仕事でのストレスも増えますから、精神力の消耗が高まることから逃げられないのです。

転職サイトに登録しておくと、なにかあったときの「保険」になりますから、正式に転職先が決まっていなくても気持ちはかなり楽になります。

「この仕事がダメになったらどうしよう」という1方向の考えしか持っていないより、「ここがダメでも目ぼしい会社はいくつか押さえてある」と最悪のケースをお想定して保険をかけておくほうが、今の仕事をもうしばらく続けていく上でも気力の消耗は少ないのです。

最近では会社での過重労働などが原因で起きる「職場うつ」や「過労死」なども社会問題となり、もはや他人事ではありません。

すでに就労者は個人的な逃げ道を作っておくことが「常識」になっていると言っても過言ではないでしょう。

転職サイトによっては、使い方のコツを覚えるまでに少しの時間を要するものもあります。

在職中からいくつかのサイトを使いこなせるようになっていれば、さらに気持ちも軽くなるはずです。

上記の3サイトならば、無料登録をすれば「おすすめメール」や「スカウトメール」が頻繁に届きますので、自分が社会でどれだけ求められている人材かを自覚することにもなり、転職への不安も和らぎますし、現在の不満のある会社に見切りをつけるはずみにもなります。

管理人の経験からも転職サイトを知っているかどうかで、自分の将来に大きな差が生まれると断言することができます。

〈転職サイト登録によるメリット〉

  • 登録・サービスの利用は無料
  • エージェント(転職コンサルタント)は気軽な相談にものってくれる
  • 自分の人材としての市場価値を知り転職に役立てられる
  • 登録することが保険となり、今の仕事への不安も軽減する
  • 転職スタートの決意が持てるようになる

求人サイトは登録が無料

上記で紹介した3つの求人サイトは、どれも「登録無料」です。

また各サイト内にあるたくさんのサービスもほぼ全て無料で使えるので、まだ転職の意思が固まっていなくても利用することができます。

コンサルタントが担当してくれるエージェント系の転職サイトであっても「今転職を検討しているのですが・・・」といった初歩的な悩みでさえ聞いてくれアドバイスもしてくれるので、今すぐ誰でも利用することが可能なのです。

ハローワークや紙の求人誌なども無料ですが、働きながらの就職活動は難しいですし、求人誌などはサポート体制も皆無といえるものですのでおすすめはできません。

在職中に、無料で転職活動ができるのは、インターネットを使った転職サイトだけなのです。

まとめ

日本企業で長年続いた「年功序列」の文化も今では崩壊しています。

将来を本気で考える人は自分自身でキャリアを積み重ねることが、出世の最短コースという時代に突入しているのです。

またブラック企業問題に苦しむ人にも、転職サイトは手を差し伸べてくれます。

自分の身を自分で守るためにも転職サイトを利用することは有効な手段なのです。

更新日:

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ! , 2018 All Rights Reserved.