転職サイト比較ねっと|転職3回でホント役立ったおすすめサイトがここ

転職歴3回のオレが教える本当に使える役立った【転職サイト】を教えよう!結局使える転職のサイトは、ほぼここで決まる。

【転職希望者注目】現在の日本の「就活事情」を知っておこう!

更新日:

これから転職を考えている人は、日本の就活事情全体も知っておきましょう。

20年前とは日本の経済、働き方の質もかなり違ってきているので、古い考えを持っていると進路の選択を誤ってしまうことにもなりかねません。

自分が就職市場でどれだけの価値があるのか、どんな業種の景気が良いのかなど、市場動向を知れば知るほど優位な転職ができるようになるからです。

日本が売り手市場ってどういう意味?

よく新聞やニュースで、「現在の日本は買い手市場です」ということが言われています。

この”売り手”とは、企業の求人に応募する人のことです。その反対の”売り手”は、求人を出す企業のほうだということですね。

日本の就職事情が売り手であるということは、「企業に人材が足りていない」ことになります。現在の日本企業は、なんとか人材を確保するために奔走している状態なのです。

ですから、今から就職や転職を考えている人からすると、またとないチャンスだということです。

市場が売り手市場ならば現在働いている会社を辞めても、次の仕事を探すのに苦労をしますが、売り手市場の現在ならば、将来の自分のキャリアアップ・年収アップを考え、思い切って転職をしてみるのも良い方法だと言えます。

日本企業の労働環境の変化

一昔前までのおじいさん、お父さんの時代は「終身雇用」が当たり前でした。大企業から中小企業に至るまで、一度入社をすると30年、40年と勤め上げることが立派な社会人だったのです。

しかし、日本企業はバブル期あたりから世界での競争力を失い始め、企業内での働き方にも変化が起きています。外資系の競争力のある強い企業が日本で拠点を増やし、そこでは終身雇用という考えがありません。

力の弱まった日本企業は、徐々に外資系の働き方を取り入れ始めたことで、社員の評価を「何年働いたか?」ではなく「どれだけ売上(業績)に貢献できるか?」に変わりつつあります。

また、外資系のほとんどは、年功序列の概念はなく”実力主義”で、ボーナスや退職金がない代わりに、年収は日本企業よりも破格に高い傾向があります。

こういった日本企業の労働環境を踏まえて考えると、現在は就職した一つの会社にこだわるよりも、自分個人のキャリアと実績・スキルをブランディングし、転職をすることでさらにキャリアアップして年収を高めていくことが成功の王道となっていると言えるのです。

ここ最近政府で推奨しはじめた「働き方革命」も、そういった時代の流れに沿った方針だと言えるのです。

「転職」はマイナスイメージにはならなくなった?

昔は転職する際に、職務履歴書に書き込む前職が多いと、低い評価を受けていました。

「就職してもすぐに辞めてしまう人」というふうに捉えられてしまっていたのです。

しかし現在では、前項でも書いたように、キャリアを重ねるために転職をしているのであれば、高い評価をする企業が増えています。

現在では「転職」はマイナスイメージ、職歴の傷にはならないのです。

むしろ「この会社ではこれがしたくて入社し、さらに上を目指すために転職を決意しました」という説明を就職面接でしっかりと説明することができれば、職種によっては新卒者よりも優遇されることも少なくありません。

現在転職することで職歴にマイナスイメージがつくと心配されている人は、考え方を改めましょう。

ブラック企業・合わない会社を続けることは時間の無駄

売り手市場の就職市場においても、まだまだブラック企業の問題がなくなることはないようです。

現在、辞めたいけど辞められないブラック企業の社員たちも、就職希望者に有利な状況をもっと認識するべきです。また、ブラック企業でなかったとしても、どうしても自分の将来の目標や性格、スキルに合わない会社もあります。

昔ならば「石の上にも3年」と、根性で同じ会社で我慢をしたものですが、現在ではそういった行為は”時間の無駄”だと言わざるを得ません。

なぜなら、多くの優秀な人材は、会社にとらわれず自分のキャリアをいかにアップしていくかを意識して努力をしているからです。

新しい資格やスキル、経験を蓄積していけば、それが年収のアップと比例する時代ですし、企業側も終身雇用の観念が薄れてきているので、「会社への忠誠心」は転職の際の強みにはならなくなって来ているのです。

極端に待遇の悪い会社、自分に合わない会社を無理して続けることに意味はありません。

新卒よりも中途採用が優先される業界もい多い

これまでの日本では、大学・高校からの新卒組を優先的にとる企業が多い特徴がありました。

しかし最近では実力主義が主流となりつつあるので、業界によっては転職・経験者組が優遇されるところも増えています。

こういった職種は、いわゆる「技術系」「事務系」「営業系」などは経験者、スキル保持者などに多い特徴です。

こういった社会の動きもまた、転職者を有利にするようだと言えます。

一流大学を出ていなくても、社会人になってからした努力が評価される時代なのです。

少子高齢化も就職事情とは関係が深い?

日本の少子高齢化もまた、就活事情とは深い関係があります。第2次ベビーブームから半数までに落ち込んだ日本人の出生率のために、企業は十分な若い人材を確保することが難しくなっています。

そして、それに反比例するように高齢者の比率が増えたことと、健康年齢が飛躍的に伸びている現状から求人採用の年齢基準も高くなっているのです。

例えるならば、30年前の40代と現代の40代とでは企業の受け取り方が違い、中高年の転職もしやすくなっているのが現状なのです。

転職を考えているけど、年齢のことが気にかかり躊躇している人は、現行での企業の募集要項の年齢制限をよく見てみましょう。

きっと思っているよりも高い年齢層の人材を募集している企業が多いはずです。

まとめ

現在の日本の就活事情や、企業運営・働き方の変遷から考えると、少しでも今の職業に不満がある人ならば、転職に良いタイミングだと言えます。

不満を持ちながら今の仕事を続けるのに消費されるエネルギーを、自分のキャリアアップにつながる努力へ使う方が、何倍も有意義なのです。

また最近では転職サイトや転職エージェントなどの、就職サポートサービスも充実してきています。

転職のしやすい時代なのです。

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職3回でホント役立ったおすすめサイトがここ , 2019 All Rights Reserved.