転職サイト比較ねっと|転職3回でホント役立ったおすすめサイトがここ

転職歴3回のオレが教える本当に使える役立った【転職サイト】を教えよう!結局使える転職のサイトは、ほぼここで決まる。

転職はメリットとデメリットを知ることから始めよう!

更新日:

現在勤めている会社で満足できない人なら「転職」することを考えているはずです。

しかし、何も考えずに転職をして失敗をしてしまうと、職を失い経済的に困窮することが目に見えています。

転職には十分な知識と準備が必要なのです。

まずは、転職のメリットとデメリットを理解するところから始めましょう。

転職のメリット

転職にはさまざまなメリットがあります。

以前までの日本社会の風潮では転職を嫌う傾向にありましたが、現在ではずいぶんとが違っています。

転職すると以下のようなメリットを受けることが期待できるのです。

  • 年収がアップする可能性がある
  • 本当にしたい仕事が見つかりやすい
  • リフレッシュして新しい仕事に取り組める意欲が出る
  • 新しいスキルを修得することができる
  • 新しい人脈ができる

もし現在、給与の安い職場に働いているのであれば、募集要項に書かれている給与の高い会社を選ぶことで、単純に年収を上げることができます。

また、現在スキルのわりに給料が上がらないところに勤めていてるならば、面接時にスキルに見合った給与を約束してくれることも期待できるでしょう。

新卒で現在の会社に就職している場合などは、あまり何も考えずにとりあえず就職していることもあるはずです。

そこから仕事を続けているうちに、本当にしたい仕事が見つかったときなどは、転職することで希望の職業に就きやすくなります。

現在の仕事がマンネリ化したり、人間関係で悩みがある場合などは、転職することで一気に問題が解決することも少なくありません。

そこで新しく人脈ができるのも、転職の大きなメリットなのです。

転職のデメリット

転職にはもちろんデメリットもあります。

転職は以前の会社に戻れなくなるわけですから、先にデメリットを知っておくことも重要です。

  • 会社選びを失敗してしまうリスクもある
  • 退職から入社までの期間が空いてしまうことがある
  • 前職の会社で蓄積した実績がリセットされる
  • 新しい会社で1から仕事を覚えなくてはならない
  • 新しい人間関係を作る必要がある

転職のメリットの裏を返した部分がデメリットになることもあります。

中にはデメリットの方をより強く感じてしまう人がいるかもしれません。

転職でのデメリットを減らすためには、しっかりとした目的意識と下準備、転職で使うサービスを探すことも重要です。

転職の「失敗」とは?

「転職の失敗」には注意が必要です。

転職の失敗とは、次のような状態になることを言います。

  • 先に退職して次の就職先をなかなか見つけることができない
  • 以前よりも年収が下がってしまった
  • 以前の会社よりも待遇が悪くなってしまった
  • 転職先の会社が肌に合わなかった
  • 新しい会社でスキルが足りなかった

転職を失敗すると職を完全に失ってしまったり、収入が下がるようなことにもなりかねません。

事前にしっかりと下調べと準備をせず、行き当たりばったりで転職すると、失敗することが多いのです。

転職を失敗しやすい人は、自分の将来のキャリアアップを想定するのではなく、”感情”だけで突っ走るタイプの人に多い傾向にあります。

職場と自分の相性は大切なので、感情的な不満を理由にして転職を考えることも悪いことではありませんが、その分しっかりと転職先のことを下調べしたり、それに属する業界や職質について把握すること重要です。

また、あまり焦って転職をすることもよくありません。

ゆっくりと自分の合う職場はすぐに見つかるとも限りませんので、最低でも1~2ヶ月無職でいられる預貯金を蓄えてから転職活動を始める余裕も必要です。

転職を1つのメリットだけで決めるのもアリ?

転職にはメリットとデメリットがあることはご理解いただけたはずです。

しかし場合によっては、たった1つのメリットだけで決めてしまうのもアリかもしれません。

たとえば、まったくの未経験の人がプログラマーなどの専門性の高い職業を目指す場合には、収入が下がっても、労働時間が長く過酷であっても「プログラミングスキルをつけることができる」「プログラマーとしての実務経験が積める」といったメリットのために転職を決めてしまっても損はありません。

専門性の高い職業の中には、門戸が狭く未経験や専門校を出ていない人材を受入れないことが多いのです。

多少デメリットが多くなっても、将来のことを考えれば、一定期間その会社に属していることは無駄ではありません。

昔から飲食業界やファッション業界ではこういった方法を選択する人が多くいました。

最近ではIT系の職業でこういった理由で転職先を決める人が増えているようです。

将来につなげるために、一時期の苦労を覚悟するのも転職の一つの選択肢であることも覚えておくと良いでしょう。

まとめ

転職の理由と動機はさまざなものがありますので、メリットやデメリットもその人によって多少の違いがあります。

自分の求めるライフプランをしっかりと想定し、転職企業とその業界のリサーチをすることが大切です。

転職には「失敗」もあることも十分に考慮して転職活動をはじめましょう。

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職3回でホント役立ったおすすめサイトがここ , 2019 All Rights Reserved.