転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ!

転職歴10回のオレが教える!使える【転職サイト】を教えよう。結局使える転職のサイトは、ほぼこの3つで決まる。そんなサイトランキングTOP3だ!

【注意】転職をするときにしてはいけないこと5選!

更新日:

転職は場合によっては生活すべてをかけた行為になります。

うまく行けば人生を好転させることができますが、失敗すると目も当てられない結果になることも少なくないのです。

現在会社に在籍中の人、あるいはすでの会社を退職している人を含め、転職者が陥りやすい失敗の原因があるのです。

ここでは大切な転職に際して、”してはいけないこと”を5選、ピックアップし詳細を解説します。

1.ハローワークを使って転職先探しをする

一般的によく使われる「ハローワーク」はあまり推奨できません。

転職の際に失業保険の申請をする必要があるので、一度はハローワークに顔を出すことになります。

そして、そのまま連動的にハローワークで職探しをする人が多いのです。

しかし、ハローワークで取り扱っている求人情報そのものに偏りがあるので注意が必要です。

ハローワークで取り扱っているすべての案件ではありませんが、全体的な傾向として「人材確保にコストをかけない企業」が多いという特徴があります。

これは見方を変えれば「人材に対して期待をしていない企業」とも言えるのです。

単純労働者や最低限のスキルだけを求めている傾向が強く、そういった企業では入社してもキャリアアップを目指すことは難しいでしょう。

社員に期待をかける企業は、求人にかかるコストもかけるものです。

また、企業がハローワークに求人を出す理由の一つに、国から補助金が受け取れるというものもあります。

これは純粋な「人材確保」という観点からは逸脱したものであり、求職者には何のメリットもありません。

ハローワークのこういった裏事情を考えると、転職の際にハローワークを利用することはあまり賢明だとは言えないのです。

2.転職先のめどを立てないままの退職

転職を考えている人は、現在の勤めている会社に不満があったり、あるいはやりがいを感じなかったりしているはずです。

しかし、感情的になってしまい「先に辞めてから転職先を探す」という行動に出てしまう人も多いはずです。

しかし、こういった計画性のない転職方法はできるだけ避けた方がいかもしれません。

現在の日本の就活事情は、有効求人倍率が高まり、求職者にとっては有利な状況です。

ただし、それでもやはり就職活動には時間がかかるものです。

半年くらい収入がなくても生活ができる貯蓄でもあれば別ですが、退職して再就職するまでにはなぜか時間が長くかかるものなのです。

新卒者の就活は、周囲の雰囲気もあり「就職しない」という選択肢がほとんどないために、浪人になってしまう率は極めて低いと言えます。

しかし、転職するときは一人ですべてしなくてはならないために、どうしてもだらだらしてしまったり、より好みしてしまうことが多いのです。

また、前職でのストレスから抜け出せた開放感も転職時には邪魔になります。

「明日から本気で探そう」、「来週から本気で探そう」と延び延びになってしまうことも少なくありません。

気がつくと来月の生活費が底をつき、来月の家賃を支払うために不本意な会社に再就職してしまうと、せっかくの転職の意味がなくなってしまうのです。

転職を考えるときには、どれだけ現在の会社に不満があっても少し我慢をし、転職先のめどを立ててから退職するようにしましょう。

退職してから転職先の会社に出勤するまでの”空白期間”は、短ければ短いほど良いということを覚えておきましょう。

3.現状維持の転職

転職をするなら「現状維持で」といった低い意識ではあまり意味がありません。

それでは転職先で前職と同じ悩みを持つ結果となってしまうでしょう。

年収なり、スキルアップなり、やりがいなり、現状よりもレベルアップを目指す意識が大切なのです。

現在勤めている企業が属する職種や業界が好きで「問題は社内の人間関係だけ」といった場合に、「会社だけが変わればうまくいく」と思いがちです。

しかし、この考えでは次の転職先を見つけたとしてもモチベーションが上がりません。

すると、転職することで起きるデメリットばかりを受けることになり「これなら前の会社にいたほうがマシだった・・・」という結果になりやすいのです。

転職をすると、入社先では新人となることや、前の会社で積み上げてきた人事の評価がリセットされるなどのデメリットがあります。

新人として会社に入った頃は、慣れない仕事を始めることで、独特のストレスがあります。

現状維持でいい、といった低い意識ではすぐに辛くなってしまうのが落ちなのです。

4.転職先のリサーチをしない転職

転職に際して、まったくリサーチをしないと失敗する可能性が高くなります。

”リサーチ”とは、探している職種の給料の相場や労働環境、あるいは仕事の内容のことです。

今の会社や職種そのものが嫌になると、「他にいい職種はないかな?」と、安易に経験のない業界が良く見えてしまうものです。

「隣の庭は青く見える」ということわざそのものですね。

年収アップを考えている人なら、営業職の歩合給で「40万円以上可能」といった求人広告に惹かれ、営業職の経験もないのに応募してしまうと、入社してから「話が違う!」といったことになります。

またIT系などになんとなく憧れがあり、独学で勉強も何もしていないのに「未経験可」という一文を見て応募してしまうのもよくあるパターンです。

しかし、IT系企業でいう「未経験」は”実務経験の無い”ことを指します。

パソコン操作やプログラミング、専門ソフトなどは趣味や独学でマスターしている人なら実務経験がなくても応募可能・・・という意味がほとんどなのです。

こういった勘違いはどの業界に対しても起こりますので、応募先の業種の内容はネットなどで調べてある程度把握しておかなくてはいけません。

リサーチもせずに、「応募したら受かるだろう」と高をくくっていては、実際に面接したときにすべて目算が崩れることになるので注意しましょう。

最近では転職サイトや転職エージェントでは、業界ごとの仕事内容を解説しているサイトが多くあります。

そういったサイトを情報ツールとして利用するのも良い方法です。

5.自分の市場価値を知らずに転職する

最近では「人材の実力」によって年収が決まる職業が増えています。

年功序列型を採用する企業は減り、できる仕事レベルによって年収に差が出る傾向はこの先さらに強くなるでしょう。

ですから、ある程度自分の人材としての市場価値をしなければ、自分に合った会社を絞り込むことができません。

自分の実力以上のスキルを求める求人にいくら応募しても、面接する時間が無駄になるだけで、不必要な自信喪失を味わうだけなのです。

また、今だに残るブラック企業もまた、実力以上の給与を設定していることが多いのです。

未経験にも関わらず、異常に高い給与を提示しているブラック企業・グレー企業に応募してしまい、後で苦労するのも、自分の市場価値を知らずに就活してしまう人の特徴です。

転職サイトやエージェントを利用すると、簡単に個人のスキルや年齢ごとの給与相場を知ることができるので利用してみましょう。

転職エージェントならば、担当者が1人ついていろいろとアドバイスをしてくれ、無茶な考えを指摘してくれたり、給与を上げるために必要な資格なども教えてくれたりします。

現在会社に勤めている状態でもこれらのサイトは利用することができるので、前もって登録しておくと、スムーズな就活をすることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まで何度か転職し、失敗をしてしまった人は心当たりのあるものがあったはずです。

これから初めて転職を使用と缶上げている人も、このページの解説した注意点を守れば、転職失敗のリスクをある程度回避することができるはずです。

何もかも一人でやらなくてはないけない転職は、より多くの知識と情報を持つ人が有利になります。

転職サイトや転職エージェントならば、就活に必要な知識と情報を無料で入手することができるので、ぜひ利用してみましょう。

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ! , 2018 All Rights Reserved.