転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ!

転職歴10回のオレが教える!使える【転職サイト】を教えよう。結局使える転職のサイトは、ほぼこの3つで決まる。そんなサイトランキングTOP3だ!

【転職希望者】転職の目的タイプ別攻略法を解説!

更新日:

一言で”転職”といっても、それぞに目的が違うはずです。

現在の働いている会社で満足できない人が転職をするわけですから、次に就職をする会社への希望も違ってくるのです。

転職を成功させるには、まずは自分がなぜ今の会社を退職し、新たに転職するかをしっかりと自覚しておくことも大切です。ここでは、転職の目的別に攻略法をまとめています。

1.給与アップが目的のタイプの場合

転職を希望している人の中で最も多いタイプが「現在の給与に不満がある」という人ではないでしょうか?

仕事の目的の大半が生活費を稼ぐためですから、これも当然のことです。日本経済はしばらく低迷していて、平均月収もなかなか上がらずワーキングプアが流行語になるほどでした。

失業率も長年高い状態でしたので、中には「働けているだけマシ」といった考えを持つ人も少なくありませんでした。

しかし、ここ最近になって急激に景気は良くなり、右肩上がりに市場を拡大させている業種も少なくありません。

家計を楽にするために、多少の努力は覚悟している人なら、次のような攻略法が向いているでしょう。

  • スクールに通って新しいスキルをつける
  • 転職サイトを使い思い切って別業種にチャレンジしてみる
  • 自分の人材としての市場価値を知り給与の高い企業を選ぶ
  • 外資系の企業を重点的に探してみる
  • 景気のいい業界を狙って応募する

以前は「頑張って残業をする」ことくらいしか、確実な給与アップは望めませんでしたが適切な努力をして転職することで、数万円くらいの給与アップは可能なのです。

IT系・ネットビジネス系など、昔はなかったパソコンを使うタイプの職種は、独学や通信スクールなどを利用することでかんたんにスキルを身につけることができるため、転職には向いていると言えます。

また、転職サイトや転職エージェントを利用すると、景気がよく高待遇な業界をアドバイスしてくれます。

そして人手不足の企業が増えていることから、現在のスキルだけでも高収入で募集しているところもあるので、業界の裏事情に詳しいエージェントを探すと、かんたんに年収アップを狙える可能性もあるのです。

「外資系」が日系企業よりも給与が高めなのは、もうご存知の人も多いはずですね。

2.将来につながるスキルを学びたいタイプの場合

最近では若者の起業家あやフリーランスが、昔にはなかった方法で高額所得者となっているのを見て「よし、自分も!」と意気込んでいる人も多いはずです。

ネット事業の勢いは年々高まりつつありますし、企業の分業化によって外注(フリーランス)への仕事の流入も増えています。

ただし、これらの業種に転職するためにも、やはりそれなりの特殊スキルを持つことが攻略法になります。

  • インターネットスクールを利用する
  • 未経験でも就職可能なスキルを身につけられる会社を探す
  • フリーでできる仕事がないか探してみる

IT関係やネット事業を展開する企業はどこも人材不足なので、最低限のスキルを持っていれば面接に受かる可能性があります。

趣味でパソコンに触れている人ならば、インターネットの専門スクールを利用すると、かなり短期間で必要なスキルを修得することも可能です。

ただし、スキルアップを目指せる職業は、即戦力の求人を出すことが多く、未経験者には少しハードルが高い傾向にあります。

そんなときにも転職エージェントを利用すると、求人広告では未公開の「未経験・初心者OK」の案件を持っていることもあるので相談してみましょう。

スクールを利用して短期間で基本的なスキルをつけ、フリーランスでできる仕事を探すのも一つの手です。

フリーランスでの経験でも、企業によっては「経験あり」と評価してくれるところもあるので、そこからさらに転職をするという攻略法もあります。

3.人間関係・ブラック企業の問題で転職したいタイプの場合

現在勤めている会社で人間関係や過重労働などのブラック企業問題を抱えている人も多いはずです。

これらは、世間の就活事情とはまた別の社会問題とも言えます。

前の2つのタイプと比べると、少しネガティブな理由のように感じますが、自分の健康と命を守るというのも転職の立派な目的の一つです。

しかし、職場内の人間関係やブラック企業かどうかという判断は、面接で会社に行っても分からないものです。

こういった目的で転職したいタイプの人には、ここ最近人気の高い転職サイトの利用をおすすめします。

昔の短い求人広告文だけを掲載していた求人誌とは違い、最近の転職サイトや転職エージェントは、企業の内部情報を知っていたり、過去の退職者が口コミを残してくれているものから職場の雰囲気が手に取るように分るサービスを提供しているサイトも存在します。

まとめ

自分がどんなタイプの目的タイプなのかがはっきりしたら、すぐにでも行動を起こしましょう。

多くの人は安定した状態から一歩踏み出すのを躊躇しますが、時間が立てた立つほど自分の人材としての価値が下がったり、ずるずるとマンネリ化して時間を無駄にすることになるからです。

最近では転職に対して情報を提供してくれる高機能な転職サイトがいくつも存在するので、無料登録して閲覧するだけでも、転職する決断力が高まっていくはずです。

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ! , 2018 All Rights Reserved.