転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ!

転職歴10回のオレが教える!使える【転職サイト】を教えよう。結局使える転職のサイトは、ほぼこの3つで決まる。そんなサイトランキングTOP3だ!

大手企業・中小企業のどちらを選ぶ?転職時のメリット・デメリット

投稿日:

転職するときには、以前の職場よりもステップアップすることを誰しも望むはずです。

そして、求人へ応募するときの職種選びで悩むのが「大手企業か中小企業か」というところです。

一般的には大手企業のほうが収入も高く、職業としてのブランドもありますので人気は高いのですが、自分の将来を考えたときには選択肢は”大手企業一択”では決してありません。

この選択を間違えてしまうと、将来のライフプランにも大きな悪影響を受けることになり、再度転職をしなくてはならない状況に陥ることも少なくないのです。

大手企業と中小企業、転職する際にどちらを選ぶか迷ったときに役立つ、メリットとデメリットの情報をまとめてみました。

大手企業と中小企業の定義は?

そもそも、「大手企業」と「中小企業」の定義とはどんなものでしょうか?

意外に有名でも大手ではなく中小企業であることも多く、その分類方法をまず知っておくことが大切です。

大手企業と中小企業の違いは、業種と資本金・従業員数で分類されます。また「大手企業」という分類の定義は法律上存在しません。

【中小企業者の定義】

  • 製造業・建設業・運輸業など・・・資本金3億円以下・従業員300人以下
  • 卸売業・・・資本金1億円以下・従業員100人以下
  • 小売業・・・資本金5000万円以下・従業員50人以下
  • サービス業・・・資本金5000万円以下・100人以下

【小規模企業者】

  • 製造業、建設業、運輸業など・・・資本金3億円以下・従業員20人以下
  • 卸売業・・・資本金1億円以下・従業員5人以下
  • 小売業・・・資本金5000万円以下・従業員5人以下
  • サービス業・・・資本金5000万円以下・従業員5人以下

求人広告には、資本金と従業員数はたいてい記されているので、応募する際の目安にできます。

今人気の「ソフトウェア制作企業」「情報処理サービス業」などは資本金が3億円以下、従業員300人以下が中小企業として分類されます。

大手企業へ転職することのメリット・デメリット

大学卒業後の新卒就活では、大手企業を中心に応募者が集まります。

世間的にも入社できる企業が有名で大きいほど、「就職に成功した」などと思われる傾向にあるのも事実ですね。

しかし、単純有名な大手企業に就職できたことが就活の成功になるかと言えば、長い目で見ればそれほど簡単な問題ではないのです。

大手企業へ転職することのメリットとデメリットを見てみましょう。

大手企業へ転職メリット

  • 社会的な信用が得られる
  • 福利厚生が充実していることが多い
  • 会社の倒産リスクが少ない
  • 給与が高い傾向にある
  • ボーナスや昇級に期待できる
  • 休暇制度、労働時間制度が充実している

大手企業のメリットは、一般的に誰でも知られている「高待遇」の典型のようなものです。

大手企業への転職デメリット

  • 年功序列や派閥などが今だに色濃く残っている
  • 企業独特の社風が強く自分に合わない場合がある
  • 昇進のためには研修・教育制度が多く自分のペースを保てない
  • 業績が低迷しだすとリストラが増える
  • 繁忙期には極端に業務量が増える

大手企業に転職ができたとしてもデメリットはあります。

自分の将来のライフプランによっては大手企業への転職で失敗してしまうこともあるので、デメリットも把握しておくことが大切です。

中小企業へ転職することのメリット・デメリット

中小企業は市場の競争力は高くありませんが、個人のキャリアプランを構築していく上では、むしろ大手よりも優れている部分もあります。

「会社がい小さいからダメ」と勘違いをしないために、中小企業へ転職するメリットとデメリットも知っておきましょう。

中小企業への転職メリット

  • アットホームで人間関係のトラブルが起きにくい
  • 一人で複数の業務に携われるのでスキルアップに向いている
  • 運営を一新し社員待遇を向上させている企業が増えている
  • トップに近い人材とコミュニケーションが取れるので勉強になることが多い
  • 実力次第で昇進が早い
  • 企画などチャレンジする機会が多い

最近の人材不足で最も被害を被っているのは中小企業です。

そのことから社員獲得のため労働環境を改善し、以前では考えられないほど自由で伸び伸びと仕事ができる中小企業が増えているのです。

また、分業が基本の大手とは違い、少人数で業務全体に携わるので、会社運営の骨組みやキャッシュフローの仕組みを早く理解できるの、中小企業の特徴です。

そこで得た知識とノウハウは、将来自分が企業する際の大きな財産ともなります。

実際に中小企業出身の企業家は多く、これがあるいみ中小企業最大のメリットと言えるかもしれません。

中小企業への転職デメリット

  • 大手に比べると給与が低い傾向にある
  • 市場での競争力が低く安定性に欠ける
  • 福利厚生はやや低め
  • 人間関係がディープ過ぎて嫌になるケースもある
  • 努力をする人としない人では昇進に差がつきやすい

現在の日本経済でたびたび話題に上がる「ベンチャー企業」も、そのほとんどが中小企業になります。

中小企業を昔のゆったりとした雰囲気だと思うのは勘違いかもしれません。

意外に中小企業の方が業務も活発で、業界での生き残りのために度々運営方針を変えたりと忙しい企業もあります。

ベンチャーなどは、ほとんど自分の会社を運営しているような気分で業務に携われるために、やる気があってどんどんレベルを上げる人と、そうでない人の差がつきやすいのも大きな特徴です。

こういった性質をメリットと考えるか、デメリットと考えるかはその人次第です。

専門性が高ければ転職でも大手企業を狙える!

一般的に大手企業は新卒採用を優先し、自社内で人材を育てるという傾向にあります。

なので、転職者に対してはヘッドハンティング以外での入社の門戸は狭いのです。

ただし、人で不足が深刻なプログラマーやWebデザイナーなどの専門性の高い職種では、大手企業でも中途採用として別の求人を出すことも増えているようです。

普通科の大学生は、いくら学校の学力が高いところであってもIT技術は別ルートで勉強する必要があるのです。

また、企業の業績全体をIT部署の成績が大きく担うようになった現代では、その傾向は年々高まると予想されます。

転職サイトにも優良企業が掲載される時代になった

昔は業績の良い優良企業や大手有名企業は、一般的な求人誌には求人広告を出さない風潮がありました。

しかし、昨今の深刻な人材不足が原因し、大手企業や業績を伸ばしている優良企業でもインターネットの求人サイトなどに掲載することが当たり前になってきました。

ただし、そういった企業の求める人材スキルは高いので、未公開求人として転職エージェントに預けられているものです。

これは、人気企業に応募が殺到し、その処理に追われることを避けるためです。

もし、自分の今持っているスキルやノウハウ、過去の実績に自信がある人は、エージェント系の転職サイトに登録をし、そこで履歴書を提示すると一般には公開されていない求人を出してもらえる可能性もあります。

転職エージェントは、求人サイトから紹介した人材が面接を通過し一定期間会社で働くことでマージンを得ています。

ですから、企業側から求められる人材と応募してきた人のマッチングに慎重になるため、エージェントから紹介されると、その時点で合格率もかなり高いと考えてよいのです。

昔は「正社員ならハローワーク」「アルバイトは求人誌」というのが常識でしたが、今ではそれは逆転している状態なのです。

まとめ

転職を考えるとき、大手企業を狙うか中小企業を狙うかは、第一の選択基準になります。

それによって就職活動の動き方も大きく違ってくるので、両者の違いをしっかりと認識しておくことが大切になります。

自分の将来のライフプランや希望する年収などを考慮して大手か中小かを選択しましょう。

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職歴10回のオレのおすすめサイトがコレだ! , 2018 All Rights Reserved.