転職サイト比較ねっと|転職3回でホント役立ったおすすめサイトがここ

転職歴3回のオレが教える本当に使える役立った【転職サイト】を教えよう!結局使える転職のサイトは、ほぼここで決まる。

転職エージェントと転職サイトのどちらを選ぶか

更新日:

現在、転職を考える人にとっての強力なサポートツールと言われているのが「転職サイト」「転職エージェント」と言われるインターネットサービスです。

これらは昔の求人情報誌とは本質的に違い、単純に求人を出す企業を掲載しているというだけのものではありません。会社選びから就職・その後のサポートまでサポートが充実しています。

ただし「転職サイト」と「転職エージェント」では、サービスの内容にも違いがあります。

自分の転職プランによってどちらを選べば良いかを考えるために、転職サイトと転職エージェントを比較してみました。

転職サイトってどんなもの?

「転職サイト」は古くかあらある求人誌と似ています。

ただし、最近の転職サイトは求人掲載企業の選別も洗練しているので、いわゆる「載せっぱなし」のような状態ではありません。

ブラック企業・グレー企業が社会問題化している昨今では、求人掲載時の待遇と実際の労働条件がの食い違いがないかなどを精査しているので、優良企業に安心して応募することができるのです。

また、サイトごとに独自のサポートサービスがあります。

  • 求職者の人材としての市場価値を調べることができる
  • 転職する際に武器となる資格やスキルを解説してくれる
  • 企業の評判や口コミを知ることができるサービスを提供している

など、これまでの求人情報誌とは一線を画すサービスが魅力です。

昔は圧倒的に求人広告を出す企業側に優先権がありましたが、最近では求職者側に有利になるようなサービスを提供する転職サイトが増えています。

”売り手市場”と言われる現代の就職戦線では、新卒・転職に限らず人材の重要性が増しているとも言えるのです。

転職エージェントってどんなもの?

「転職エージェント」は、これまで求人誌とはまったく違うインターネットサービスで、サイト登録者一人一人にアドバイザーが担当し、転職に必要な様々な手続きを代行してくれたり手伝ってくれます。

また、求職者とネット上、あるいは実際に会って面談をして希望やスキルを聞き、それに見合った転職先を選定してくれたりもします。

一般的な求人広告からでは得られない、企業の詳細情報や内部事情もアドバイザーは知っているので、より制度の高いマッチングができるのです。

転職エージェントは、一般的な求人誌とは収益の上げ方が違います。

求人誌では広告を掲載した時点で収益を得ますが、転職エージェントでは求人に応募してきた人材が入社し、その後一定期間就業することで収益を上げます。

ですので、企業側の望む人材の確保と、求職者側の希望が合致するようなマッチングをする必要があるのです。

転職エージェントは、売りっぱなしの求人誌と違い、転職サイトより緻密なマッチングをするために、両者ともにメリットの多い就活ツールとして人気が高まりつつあります。

企業側も数多い応募者を選定するよりも、転職エージェントが事前にフィルターとなってマッチングを行うために、求める人材が早く集まりやすいなどのメリットもあり、優良企業が転職エージェントと提携を始めているようです。

転職サイトと転職エージェントの違いの比較

では、具体的に転職サイトと転職エージェントではどのような違いがあるのでしょうか?
各項目に沿って比較してみましょう。

【転職サイト】

○求人掲載数・・・求人掲載数は転職エージェントよりも転職サイトの方が数は圧倒的に上です。

○転職活動の自由度・・・基本的には求人を見ながら自分で就活するので、好きな時間に自分の感覚を頼りに転職活動をすることができます。

○地方の求人数・・・転職サイトのカバーエリアは、日本全国から海外にまで及び、とくに企業の少ない地方都市の求人数は転職エージェントよりも圧倒的に上だといえます。

○求人の質・・・求人の質は数が多いので、少し雑多な印象があります。

○サポートレベル・・・昔の求人誌と比べると、転職ガイドや面接の攻略法、履歴書の書き方などのマニュアルページが設けられていたり、Q&Aコーナーや自己診断ツールなどの細密な就活ツールが充実しています。
また登録をしておけば、企業側からのスカウトメールが届くなど、以前にはなかった逆方向の就活をすることが可能です。

○転職成功率・・・昔の求人誌に比べると、情報量が圧倒的でツールも使えるので、会社選びの精度が上がり転職の成功率も飛躍的に高くなっています。

【転職エージェント】

○求人掲載数・・・求人掲載数は転職サイトよりもかなり少ない傾向にあります。

○転職活動の自由度・・・転職エージェントは転職アドバイザーが担当し、企業と応募者がマッチするものだけを推奨するので、自由度は低くなります。
ただし、アドバイザーがすべてを決めてしまうというものではなく、あくまで応募者の希望に沿った企業を多角的に考慮して推薦するので、こちらの希望がまったく聞き入れてもらえないといったものではありません。

○地方の求人数・・・転職エージェントは地方の求人数に関しては、転職サイトよりもかなり少ない傾向にあります。
転職エージェント自体が古くからあるサービスではいのがその理由です。

○求人の質・・・転職エージェントは転職サイトよりも一つ一つの求人の質が高いことで知られています。
待遇の良さはもちろん、経営状態が上向きで将来性のある企業をたくさん提携先にしています。
また一般公開しない、未公開求人も数多く確保しているので、超人気企業への転職率も高いのです。

○サポートレベル
転職エージェントのサポートレベルは、転職サイトは比較にならないほど充実しています。
転職に関わる多くの手続きを代行してくれ、場合によっては退職する会社との交渉なども引き受けてくれます。

○転職成功率
転職エージェントは、求人を出す企業と求職者の橋渡しをしてくれ、転職成立まで手を尽くしてくれるので、成功率も非常に高くなります。

転職サイト・転職エージェントどちらを選ぶ?

転職サイトと転職エージェントは、一般的な求人誌では得られないメリットが多数あります。

このどちらを選ぶかは、現在の労働環境や将来のキャリアプラン、また自分のスキルなどによっても違ってきます。

ただ、両方ともに登録をしておけば、サイトを利用することができます。

これだけのサポート機能が充実しているのにも関わらず、どちらも登録してサイト機能を使うのも無料なのです。

転職サイトは、ざっと求人を見ているだけでも市場動向が分かり、転職の情報として役立てることができます。

また、企業からのスカウトメールを受け取ると、不安ばかりの転職に明るい兆しを感じることができるでしょう。

就職する先は一社ですが、転職サイト・転職エージェントは複数登録し、可能性を最大限に広げることもできるのです。

どれだけ多くの転職サイト・転職エージェントに登録をしても、まずデメリットというものはありません。

まとめ

転職は世間で考えられているほど簡単ではありません。

企業側の意向と転職する側の意向が噛み合わなくては成功させることはできないのです。

また現在の日本の企業は、過去の新卒者優位な人材確保から中途採用を重視し始めています。

昔ならば新卒でしか就職することができなかった大手の有名企業でも、転職サイトや転職エージェントと提携し始めています。

こういった大手企業もまた、一般の求人誌やハローワークには求人を出していないので、求職者側もそれを知っておくことが重要なのです。

Copyright© 転職サイト比較ねっと|転職3回でホント役立ったおすすめサイトがここ , 2019 All Rights Reserved.